歯の根っこの治療とはどのような治療?こうならないために早めの治療をしましょう

みなさんこんにちは!

横浜市中山町にある「たんぽぽ歯科クリニック」です。

 

虫歯を放置すると虫歯は歯の根っこへ向けて進行していきます。

歯の根っこへ到達してしまった虫歯の治療方法について今回は解説していきます。

 

  • 歯の根っこの治療

歯の根っこを治療するときは爪楊枝のような器具を使用して虫歯菌に感染した歯質を取り除きます。ここで取り残しがあると、虫歯が再発する恐れや歯が破折するリスクが高くなるので丁寧に時間をかけながら感染歯質を取り除きます。

 

感染歯質を取り除いたら歯の神経の代わりとなる材料を詰めて、歯の土台を作っていきます。歯の土台ができれば被せ物をして歯の根っこの治療が完了です。

 

虫歯が小さなうちであれば少し削り、歯科用プラスチックを詰めるだけで治療が完了しますが、放置してしまうだけでこれだけ大掛かりな治療になってしまうのです。

 

みなさんも出来るだけ早めに治療をしましょう。

関連記事

  1. ヨーロッパであった本当の話!噛み合わせは大切ですよ

  2. 2次虫歯って何?1次との違いを解説します!

  3. C1・2・3ってどんな意味?虫歯の進行程度で症状がどのように…

  4. 歯の生えてくる順番!この順番がズレると歯並びが悪くなることが…

  5. お盆中に歯のトラブルが起きたら歯科医師会の休日診療を頼ろう

  6. 歯石取りを放置してしまうと知覚過敏が起きる?定期的に歯科医院…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP