入れ歯を長く使い続けるために必要なことは…?

みなさんこんにちは!

中山駅近くにある「たんぽぽ歯科クリニック」です。

 

歯を欠損してしまったときに補う意味で使用するのが「入れ歯」です。

入れ歯について聞いてみると「合わなくなってしまった」とおっしゃる患者様が多いです。

製作して6ヶ月〜1年以内に合わなくなってしまった場合は、入れ歯の作りが悪かったのかもしれません。

しかし、使い続けていて適合が悪くなってしまった場合は入れ歯の変化や歯茎の変化が疑われます。

 

  • 入れ歯は調整しながら使いづける

入れ歯は一度製作すると一生使えるものではありません。

人工歯の削れ具合を確認したり、噛み合わせの変化に合わせて調整したりする必要があります。

入れ歯を定期的に調整することで、お口にあった状態を維持でき長持ちさせることができるのです。

 

  • 入れ歯の日常管理

入れ歯は歯科医院で調整を繰り返すことが大切ですが、それ以上に日頃の管理も重要となります。

患者様には、毎日寝る前に入れ歯の清掃をしていただき紛失や破損しないように専用のケースに入れるなどして保管してください。

関連記事

  1. 歯の根っこの治療とはどのような治療?こうならないために早めの…

  2. 2次虫歯って何?1次との違いを解説します!

  3. お盆中に歯のトラブルが起きたら歯科医師会の休日診療を頼ろう

  4. アメリカと日本の歯科医療の違いは何?

  5. 歯の生えてくる順番!この順番がズレると歯並びが悪くなることが…

  6. 口腔がんは他人事ではありません!繰り返しの定期検診が大切です…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP