フッ素塗布をした後はなぜ飲食禁止なのか?虫歯予防をしましょう

みなさんこんにちは!

中山駅近くにある「たんぽぽ歯科クリニック」です。

 

お子さんの歯を強くするためにも、フッ素塗布が有効という話を聞いたことはありませんか?フッ素は歯の「歯質」を強くする働きがあります。

そこで今回はフッ素塗布の流れを紹介するとともにフッ素塗布の後になぜ飲食禁止なのか紹介していきます。

 

  • 歯をきれいにする

フッ素塗布をする前に、歯の表面に付着している汚れを落とすために歯のクリーニングを行います。こうしないと、歯の汚れにフッ素が浸透することになってしまい効果を引き出すことができません。

 

  • 口の中を乾燥させる

唾液が口腔内にあるとフッ素が歯に浸透しにくいです。そのため、口の中を乾燥させて歯にフッ素が滲みやすくします。

 

  • フッ素塗布

歯にフッ素を塗ります。フッ素を塗った後は、口の中の唾液だけを数回吐き出し30分〜60分を目安に飲食禁止とします。

 

ここまで説明すると、飲食禁止の理由もわかりませんか?

フッ素塗布してすぐに飲食してしまうと、フッ素が歯に馴染まないからです。

 

虫歯予防効果に効果的なフッ素塗布で健康的なお口を守りませんか?

関連記事

  1. 歯の根っこの治療とはどのような治療?こうならないために早めの…

  2. 歯の汚れを落とすホワイトニングを紹介!中山駅近くのたんぽぽ歯…

  3. 小児歯科治療で大切なことは親御様とのコミュニケーション!

  4. C1・2・3ってどんな意味?虫歯の進行程度で症状がどのように…

  5. 口内炎ができたら我慢せずに歯科医院へ!結果的に早く快方へ向か…

  6. 口呼吸は万病の元?口呼吸していないか確認してみましょう

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP