口内炎ができたら我慢せずに歯科医院へ!結果的に早く快方へ向かうことが多いです

みなさんこんにちは!

横浜市中山にある「たんぽぽ歯科クリニック」です。

 

食事をしているときや話をしているときなどに誤って唇や頬を噛んでしまった経験はありませんか?

切り傷になりそれが治りかけの頃には口内炎へ発展することがありますよね。

誤って噛まなくても気づいたら口内炎ができていたなんてこともあります。

 

口内炎ができてしまうと飲食事の痛みが強くなるため、食事が楽しくなくなってしまいます。

 

多くの患者様は口内炎が治るまで我慢してしまうケースが多いですが、口内炎は歯科医院で治療できます。

また、ドラッグストアなどで取り扱っているような口内炎の薬を処方することも可能です。

 

ただし、今年話題になってしまいましたが口内炎とがんは初期段階が非常に似ています。

がんなのに口内炎だと思って放置していた!なんてことがないように早めに歯科医院を受診することが大切だと思います。

関連記事

  1. 口腔がんは他人事ではありません!繰り返しの定期検診が大切です…

  2. 2次虫歯って何?1次との違いを解説します!

  3. C1・2・3ってどんな意味?虫歯の進行程度で症状がどのように…

  4. 持病を抱えている方の歯科治療!持病をお持ちの方はお声がけくだ…

  5. 口呼吸は万病の元?口呼吸していないか確認してみましょう

  6. アメリカと日本の歯科医療の違いは何?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP