2次虫歯って何?1次との違いを解説します!

みなさんこんにちは!

中山駅近くにある「たんぽぽ歯科クリニック」です。

 

さて、今回は虫歯の中でも「1次」と「2次」があるのでこれらの違いについて紹介していきます。

 

  • 1次は先にできた虫歯

まず、厳密に1次虫歯と歯科関係者はほとんど言いません。今回は便宜上、1次虫歯・2次虫歯と呼ばせていただきます。

1次虫歯は、読んで字のごとく先行してできる虫歯です。つまり、被せ物など治療した経験のない歯にできる虫歯を1次虫歯と呼びます。

 

  • 治療したのにできた虫歯

一度、虫歯の治療をすると歯科用プラスチックや金属・セラミックの被せ物で削った部位を補います。一度治療したのにもかかわらず、虫歯ができてしまうと2次虫歯と呼ばれます。

歯科用プラスチックや金属・セラミックは人工物です。どうしても天然歯と人工物の間には数ミクロンという目には見えない隙間が空いてしまい、細菌など汚れの温床となる結果虫歯が発生しやすくなるのです。

 

2次虫歯をつくらないためにも、当院で定期的にお口の中をチェックしませんか?

関連記事

  1. 口腔がんの出来る原因を解説!しっかりと歯科医院でチェックしま…

  2. 口腔がんは他人事ではありません!繰り返しの定期検診が大切です…

  3. ヨーロッパであった本当の話!噛み合わせは大切ですよ

  4. 歯周病で骨が溶けると自然には再生しません!歯を大切にしましょ…

  5. ホワイトニングが必要になる原因!歯が黄色く見えるメカニズムを…

  6. 小児歯科治療で大切なことは親御様とのコミュニケーション!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP