認知症と歯周病に意外な関係性があった!ぜひ歯科医院でお口を綺麗にしましょう

みなさんこんにちは!

横浜市中山町にある「たんぽぽ歯科クリニック」です。

 

認知症は症状が出るまで緩慢で予兆が出ていても気づかないことがあります。

今までは原因不明でしたが、近年ではアミロイドβというタンパク質が脳へ付着することで発症するということが明らかになっていました。

今回はそんな認知症と歯周病の関係性について紹介していきます。

 

  • 歯周病と認知症の関係性

歯周病は口腔内細菌の「歯周病菌」と呼ばれる細菌が原因で発症します。

今回、九州大学の研究チームは歯周病菌の中でも代表的なP.gingivalisという菌がアミロイドβを産生する事を発見しました。

 

今までも認知症になった患者さんから歯周病細菌が検出されるなど、歯周病と認知症の関係性が問われてきましたが、今回の発見でこの2つの疾患に関係性があるとはっきりわかったのです。

 

  • 歯周病を治そう

歯周病は歯茎の病気です。

歯磨きをしていて歯茎から出血がしている方や歯茎が下がったような気がする方は歯周病治療をしましょう。

関連記事

  1. 口腔がんの出来る原因を解説!しっかりと歯科医院でチェックしま…

  2. 小児歯科治療で大切なことは親御様とのコミュニケーション!

  3. 歯の汚れを落とすホワイトニングを紹介!中山駅近くのたんぽぽ歯…

  4. フッ素塗布をした後はなぜ飲食禁止なのか?虫歯予防をしましょう…

  5. 「フロスしますか?それとも死にますか?」米国歯科の有名な考え…

  6. 口呼吸は万病の元?口呼吸していないか確認してみましょう

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP