正しい歯磨きの方法を紹介!これで徹底的にお口の中を綺麗にしましょう

みなさんこんにちは!

横浜市中山にある「たんぽぽ歯科クリニック」です。

 

今回は歯周病や虫歯予防に効果的な正しい歯磨きの仕方について紹介していこうと思います。

 

  • 一連の流れを作る

歯磨きをするときは一連の流れをルーティン化しましょう。

例えば右下から磨き初めて、左下まで歯磨きをする。その後、左上から右上まで磨くなどすると、一連の動きがルーティン化され磨き残しが少なくなるでしょう。

 

  • 磨き残しやすい部位を把握しよう

歯は歯並びなどによって、磨き残しやすい部位が存在します。

ご自身のお口の中で磨き残しやすい部位を必ず確認するようにしましょう。

そして、磨き残しやすい部位は念入りに磨くことでお口の中を綺麗にできます。

 

  • 歯磨き粉はつけすぎない

歯磨き粉の中にも若干ですが薬効成分が含まれています。しかし、その薬効成分よりも「どれだけ歯の汚れを落とせたか」というのが重要になります。

 

歯磨き粉の中には発泡剤という泡を出す成分が含まれているため、歯磨き粉をつけすぎてしまうと口の中がいっぱいになり効率よく磨けなくなります。

 

上記のことに注意して歯磨きをしてみてください。

関連記事

  1. 歯の生えてくる順番!この順番がズレると歯並びが悪くなることが…

  2. フッ素塗布をした後はなぜ飲食禁止なのか?虫歯予防をしましょう…

  3. 口腔がんが増加傾向に!原因を紹介!

  4. お盆中に歯のトラブルが起きたら歯科医師会の休日診療を頼ろう

  5. 歯石取りを放置してしまうと知覚過敏が起きる?定期的に歯科医院…

  6. 口呼吸は万病の元?口呼吸していないか確認してみましょう

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP