ホワイトニングが必要になる原因!歯が黄色く見えるメカニズムを解説

みなさんこんにちは!

 

中山駅近くの「たんぽぽ歯科クリニック」です。

 

今回はホワイトニングについて紹介していきます。

ホワイトニングとは歯に付着している汚れを薬剤などで落として、患者さまの本来持っている歯の白さに戻すことをいいます。

日々の生活の中でお茶やカレーなど着色成分の多いものを摂取していると歯に着色汚れがつきやすくなっています。

また、加齢が原因で歯が薄くなりエナメル質の下層にある象牙質の色が出てくることで歯が黄色く見えることがあります。

 

このように外部からの着色汚れと歯の表面にあるエナメル質が減少することで象牙質の色が強くでることの2種類で歯が黄色く見えることがあります。

 

外部からの着色汚れには、虫歯による汚れや喫煙によるタバコ成分の付着も関係してきます。

歯が黄色いと感じている方は市販の歯磨き粉や歯を白くする消しゴムを使用せずに、一度歯科医院へお越しいただきお口の中を見せていただければ幸いです。

間違ったケアをすると歯に悪影響を及ぼすこともあるため、ぜひお気軽に当院へご相談ください!

関連記事

  1. 歯周病で骨が溶けると自然には再生しません!歯を大切にしましょ…

  2. 歯の汚れを落とすホワイトニングを紹介!中山駅近くのたんぽぽ歯…

  3. 噛み合わせがどれだけ大切なのか!噛み合わせは歯に影響を与えま…

  4. 「フロスしますか?それとも死にますか?」米国歯科の有名な考え…

  5. お盆中に歯のトラブルが起きたら歯科医師会の休日診療を頼ろう

  6. 入れ歯を長く使い続けるために必要なことは…?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP